企業の休息時におけるヨーガ療法のストレス軽減効果の検討 : アミラーゼ活性を用いたストレス度測定 A Survey of Analysis of Stress Reduction using Break Time Yoga Therapy in the Workplace : Measuring Stress Levels via Changes in Amylase Activity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,アミラーゼ活性を用いたストレス度の測定により,企業の休息時間におけるヨーガ療法のストレス軽減効果を検討することである.個人差についても考慮するため,ストレスの高低によるヨーガ療法の実習効果の差異についても調査した.その結果,ヨーガ療法を実習した群の方が自由に休息していた群よりもストレス軽減効果が高いことが明らかになった.さらに,ストレスが高い人では,ヨーガ療法の実習効果が高いことも判明した.また,内省報告より,ヨーガ療法はヨーガの体験自体に集中することができるため仕事でのトラブルを忘れることができ,自己の身体の状態のみならず心の状態にも気づくことが可能であることがわかった.その結果,ヨーガ療法は心と身体の調和・統合を促すことができる可能性があることが示唆された.

The purpose of this study is to reduce stress in the workplace by using yoga therapy during break time by measuring the level of amylase activity. The effectiveness of yoga therapy differs depending on stress level. By comparing two groups, one group that is just relaxing and another group participating in yoga therapy, we can determine how effective yoga therapy is in reducing stress. Yoga therapy is more effective for people who have a high level of stress. After participating in yoga therapy, people say this gives them a chance to take a break from their work and realize which part of their body and mind feel comfortable or uncomfortable. They realize that their body and mind can be one together.

収録刊行物

  • 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics

    人間工学 = The Japanese journal of ergonomics 46(2), 95-101, 2010-04-15

    一般社団法人 日本人間工学会

参考文献:  43件中 1-43件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10028057538
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199371
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05494974
  • NDL 記事登録ID
    10671926
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-435
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ