有機合成における遷移金属触媒クロスカップリング反応  [in Japanese] Transition Metal-catalyzed Cross-Coupling in Organic Synthesis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

パラジウム触媒を用いるクロスカップリング反応は,化学合成の現場ではきわめて有用な合成手法として幅広く利用されている.その結果,2010年のノーベル化学賞が「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」の業績に対して鈴木・根岸・Heckの3氏に贈られた.ここでは,クロスカップリング反応やパラジウム触媒について簡単に述べ,またクロスカップリング反応の開発の歴史についても紹介する.

Journal

  • KAGAKU TO SEIBUTSU

    KAGAKU TO SEIBUTSU 49(5), 307-312, 2011-05-01

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

References:  34

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10028273191
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00037573
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0453073X
  • NDL Article ID
    11120399
  • NDL Source Classification
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL Call No.
    Z18-26
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top