ドライバーから見た生活道路における面的な速度規制の実現に向けた規制速度の決定方法に関する研究  [in Japanese] A Study on Area Wide Speed Control in Residential Area  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

生活道路における交通事故が問題となっている。日本では、交通静穏化政策を実施しており、これまでに多くの地域で導入されてきた。しかし、導入地域は限られており、面的な速度規制の必要性が認められる。岡山市内でのアンケートでは、ドライバーの多くがスピードコントロールを支持しており、その設定速度の決め方が課題として残っている。本研究では、この課題について取り組み、沿道環境に着目した速度決定方法を明らかにした。

We have a lot of traffic accidents in residential area. In Japan, we carry out traffic calming projects and tried to install in many areas. But the traffic calmed areas are limited and not enough to make hall cities safer. Now we have to try another way to make cities safer -Speed control. In the questionnaire in Okayama City, driver think positively of the speed control, but how to decide the speed limits are the existing problems. In this study, we tried to treat the problems, and achieved the way to decide the speed limits from a point of the street environment.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 45(3), 859-864, 2010-10-25

    The City Planning Institute of Japan

References:  12

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10028990091
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09160647
  • NDL Article ID
    10859326
  • NDL Source Classification
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top