肥満症とアディポサイトカイン  [in Japanese] Obesity and adipocytokine  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 前田 法一 MAEDA Norikazu
    • 大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学 Department of Metabolic Medicine, Graduate School of Medicine, Osaka University
    • 下村 伊一郎 SHIMOMURA Iichiro
    • 大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学 Department of Metabolic Medicine, Graduate School of Medicine, Osaka University

Abstract

脂肪蓄積とくに内臓脂肪蓄積はアディポサイトカイン分泌異常を生じ,これら分泌異常がメタボリックシンドローム発症に直結することが明らかになってきた.その中でも,アディポネクチンは肥満で血中濃度が低下する唯一のアディポサイトカインである.当教室はアディポネクチンを発見し,機能解析・病態解析を行い「低アディポネクチン血症」が糖尿病・動脈硬化をはじめとする様々な病態に深く関与していることを明らかにしてきた.<br>

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 100(4), 911-916, 2011-04-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10029096603
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195836
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL Article ID
    11094055
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-222
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top