大量出血をきたし緊急手術を施行した大腸 angiodysplasia の1例  [in Japanese] A Case of Colonic Angiodysplasia with Massive Gastrointestinal Bleeding  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 上杉 尚正 UESUGI Naomasa
    • 山口大学大学院医学系研究科器官病態外科学分野(外科学第一) Department of Surgery and Clinical Science (Surgery I.), Yamaguchi University Graduate School of Medicine
    • 竹本 圭宏 [他] TAKEMOTO Yoshihiro
    • 山口大学大学院医学系研究科器官病態外科学分野(外科学第一) Department of Surgery and Clinical Science (Surgery I.), Yamaguchi University Graduate School of Medicine
    • 原田 栄二郎 HARADA Eijiro
    • 山口大学大学院医学系研究科器官病態外科学分野(外科学第一) Department of Surgery and Clinical Science (Surgery I.), Yamaguchi University Graduate School of Medicine
    • 榎 忠彦 ENOKI Tadahiko
    • 山口大学大学院医学系研究科器官病態外科学分野(外科学第一) Department of Surgery and Clinical Science (Surgery I.), Yamaguchi University Graduate School of Medicine
    • 濱野 公一 HAMANO Kimikazu
    • 山口大学大学院医学系研究科器官病態外科学分野(外科学第一) Department of Surgery and Clinical Science (Surgery I.), Yamaguchi University Graduate School of Medicine

Abstract

繰り返す血便に対する経過観察中に,出血性ショックとなり緊急手術を施行した大腸angiodysplasiaの1例を経験した.症例は62歳,男性.約10年間の繰り返す血便を認めていた.腹部X線,CT検査上,小腸内に鏡面像を認めた.下部消化管内視鏡検査で,大腸内に出血源は認めなかった.出血シンチグラフィを撮影したが陽性所見は得られなかった.経過観察中,大量出血に伴う意識消失発作を認め緊急手術を施行した.術中全小腸内視鏡検査を施行したが,出血源は認めなかった.右側結腸内に出血が多かったため,結腸右半切除術を施行した.術後の病理組織検査で, 盲腸angiodysplasiaと診断した.本症は比較的まれな疾患で,しばしば大量の消化管出血をきたし緊急処置を要する.出血性ショックをきたしたものの,緊急手術により救命しえた大腸angiodysplasiaの1例を経験したので報告する.

Journal

  • Yamaguchi medical journal

    Yamaguchi medical journal 60(4), 113-116, 2011-08-31

    山口大学医学会

References:  8

Cited by:  1

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10029463572
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00243156
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    05131731
  • NDL Article ID
    11229046
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-417
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  IR 
Page Top