北西太平洋 Station KNOT における珪藻殻フラックス  [in Japanese] Diatom fluxes at Station KNOT in the western subarctic Pacific, 1997-2000  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 高橋 孝三 TAKAHASHI KOZO
    • 九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門 Department of Earth & Planetary Sciences, Faculty of Sciences, Kyushu University
    • 本多 牧生 HONDA MAKIO C.
    • 日本海洋科学技術センターむつ研究所 Japan Marine Science and Technology Center Mutsu Institute for Oceanography (Yokosuka Office)

Abstract

本論文では、亜寒帯太平洋における珪藻穀フラックスの東西比較、休眠胞子の沿岸域からの移流、休眠胞子をふくむ大型沈降粒子と深海への炭素輸送との関連性などについて考察を試みた。研究海域は西部亜寒帯循環の南西縁に位置している。表層は基本的に、低水温・低塩分の特徴をもつ親潮水で構成されるが、黒潮続流が北へ大きく蛇行する際にはその影響を受けることがある。北部北太平洋は、海洋大循環によって深層水がゆっくりと湧昇する海域である。湧昇してくる深層水は珪酸塩を豊富に含み、Opal/CaCO3(重量比)は1以上なので、"Silica Ocean"とも呼ばれる。また、季節的な栄養塩供給として、冬季鉛直混合によって亜表層から供給される栄養塩は、表層での基礎生産を左右する。

Journal

  • Bulletin of the Plankton Society of Japan

    Bulletin of the Plankton Society of Japan 50(1), 1-15, 2003-02-25

    日本プランクトン学会

References:  50

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10029510324
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00197015
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03878961
  • NDL Article ID
    6482096
  • NDL Source Classification
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL Call No.
    Z18-1045
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  JASI 
Page Top