目的の無いプランクトン観察を通じて感じたこと Miscellaneous thoughts through my hobby of keeping and watching water fleas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

私が淡水のミジンコ類を飼育採集するにいたった経緯は、自宅で飼育する金魚、タナゴ類、メダカ等の稚仔魚の餌料生物として、ミジンコが適当であると考えたからであります。私が、ミジンコを中心にしたプランクトンを観察してきたのは大体20年位です。しばらくして、あまりの面白さに、『ミジンコ倶楽部』などを結成し、10年ほど、そこらじゅうで「ミジンコだ」、「ミジンコですよ」、「ミジンコがいますよ」、などと叫んで歩いたわけですね。そうしたら、民百姓の諸君も面白がって、おまけにぞろぞろとミジンコの研究者が釣れた訳です。

収録刊行物

  • 日本プランクトン学会報

    日本プランクトン学会報 50(1), 21-23, 2003-02-25

    日本プランクトン学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10029510377
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197015
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03878961
  • NDL 記事登録ID
    6482125
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-1045
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ