アログリプチンとボグリボースの併用効果を持続血糖モニターで確認できた1例  [in Japanese] Effects of Combination Treatment of Alogliptin with Voglibose in Tipe 2 Diabetic Patients by Continuous Glucose Monitoring System  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

24時間連続的に血糖値を測定する持続血糖モニター(continuous glucose monitoring:CGM)により,今まで我々が見ることのできなかった24時間の血糖値日内変動を詳細に把握することが出来,個々の病態に応じた有効な薬物治療を行うことが可能となっている.今回,2型糖尿病患者において,dipeptidyl peptidase 4 inhibitors(DPP-4阻害薬)(アログリプチン)に<i>α</i>グルコシダーゼ阻害薬(ボグリボース)を追加併用することによる有効性をCGMで確認し,24時間血糖変動の少ない安定した血糖管理を行えた症例を経験したので報告する.<br>

Journal

  • Journal of the Japan Diabetes Society

    Journal of the Japan Diabetes Society 54(6), 425-429, 2011-06-30

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10029746589
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00166576
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL Article ID
    11178664
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-401
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top