薬物療法  [in Japanese] Pharmacological treatment of dementia  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 長田 乾 NAGATA Ken
    • 秋田県立脳血管研究センター神経内科 Department of Neurology, Research Institute for Brain and Blood Vessels
    • 高野 大樹 TAKANO Daiki
    • 秋田県立脳血管研究センター神経内科 Department of Neurology, Research Institute for Brain and Blood Vessels
    • 前田 哲也 MAEDA Tetsuya
    • 秋田県立脳血管研究センター神経内科 Department of Neurology, Research Institute for Brain and Blood Vessels
    • 佐藤 雄一 SATOH Yuichi
    • 秋田県立脳血管研究センター神経内科 Department of Neurology, Research Institute for Brain and Blood Vessels
    • 中瀬 泰然 NAKASE Taizen
    • 秋田県立脳血管研究センター神経内科 Department of Neurology, Research Institute for Brain and Blood Vessels

Abstract

アミロイド仮説に基づいた認知症の根本治療薬は,開発中止が相次ぎ,未だ臨床に供するまでには至っていない.認知症の中核症状の治療は,我が国では長年にわたりドネペジルが唯一の治療薬であったが,ガランタミン,メマンチン,リバスチグミンが漸く承認され,治療の選択肢が拡大した.周辺症状(BPSD)の治療には,抗精神病薬には保険適応がなく副作用の面からも制約があり,抑肝散やバルプロ酸の臨床治験が行われている.<br>

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 100(8), 2134-2145, 2011-08-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

References:  45

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10029748234
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195836
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL Article ID
    11212337
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-222
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top