外来種を減らせても生態系が回復しないとき : 意図せぬ結果に潜むプロセスと対処法を整理する Processes of and solutions to unintended ecosystem responses following invasive species removal : a review

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 亘 悠哉 WATARI Yuya
    • 森林総合研究所 野生動物研究領域 Laboratory of Wildlife Ecology, Forestry and Forest Products Research Institute

抄録

外来種の侵入による生物多様性・生態系機能の低下,および経済被害はきわめて甚大で,各地域特有の自然や暮らしを脅かす切実な問題となっている.こうした問題を解決するために,各地で外来種駆除が実施されており,近年では根絶成功例や在来種の回復など,駆除による対策の有効性が成果として現れてきている.一方で,たとえ外来種を減少させることができたとしても,インパクトを受けていた生態系が必ずしも回復するとは限らず,時には状況がさらに悪化してしまう場合もある.このような知見は個々の論文で報告されてきたものの,全体像が整理され示されたことはこれまでになかった.本総説では,このような知見を整理し,外来哺乳類の影響の環境依存性や非線形性,ヒステリシス,外来種間の相互作用などを,意図しない現象の理由として挙げ,そこには,食性のスイッチングやアリー効果,外来種の侵入と生息地改変の複合効果,メソプレデターリリースなどのプロセスが関わりうることを紹介した.また,それぞれのプロセスに応じた対処法として,在来種の回復の評価プロセスの導入や生息地管理,他の生物の管理などをリストアップした.以上のような対処法が取り入れられた総合的な外来種対策の実践例は,近年報告が増えはじめてきた段階である.このような個々の実践例を積み重ね,対処法の有効性を検証していくことは,個々の地域の問題を解決するだけでなく,さらなる実践例を生み出す上でも重要な役割を果たしていくであろう.<br>

Invasion of non-native species causes detrimental impacts to biodiversity, ecosystem function, and human economies. To reverse these impacts, invasive species are often removed by trapping, shooting, poisoning, and other such methods. Growing evidence suggests that reducing invasive species can lead to successful ecosystem recovery. However, degraded ecosystems sometimes fail to recover, and reduction of invasive species sometimes result in even more harmful impacts. These unintended phenomena are increasingly recognized; however, few attempts have been made to integrate scattered information on solutions. In this review, I explore several possible situations that can cause unintended consequences, including environmental dependency, nonlinearity, hysteresis, and interactions among invasives, and relate these to processes such as switching, Allee effects, synergistic relations in both invasions and habitat modifications, mesopredator release, and so on. Additionally, I list management actions associated with each process, such as assessment of ecosystem recovery, habitat management, and management of other species. Practices mitigating unintended consequences using these actions are increasingly reported. Compiling the results of these trials would contribute not only to solving local problems, but also to guiding and facilitating further case studies.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 51(1), 27-38, 2011-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  91件中 1-91件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10029773015
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    11173285
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ