海面廃棄物最終処分場における集排水機能を有する鋼管矢板遮水壁の実験的検討 Steel Pipe Sheet Pile Cutoff Walls with Leachate Collection System at Coastal Waste Landfill Sites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

海面廃棄物最終処分場の環境安全性を建設段階から将来にわたって維持・保障した上で跡地利用を促すためには,水溶性廃棄物を含む保有水等の浸出を防止するとともに,廃棄物を効果的に浄化するシステムを構築することが重要である。<BR>本研究は,H-H継手の内部空間に種々の技術を適用した集排水機能を有する鋼管矢板部材を提案し,その実現性ならびに継手箇所における集排水特性を空間活用実証試験により追究する。その結果として,集排水機能を有する鋼管矢板部材としてH-H継手の内部空間を活用した諸技術は導入可能であること,また,接着・塗布する膨潤性止水材の厚さを調整することでH-H継手のフランジ嵌合部における遮水性能 (集排水特性) をコントロールできることが明らかとなった。

This paper shows the need for steel pile sheet pipes with seepage and clarification functions on vertical cutoff walls used in coastal landfills from a long-term perspective. In addition, the possibility of using H-jointed SPSPs with H-H joints and seepage and clarification functions installed in the inner spaces of H-joints is considered, and their hydraulic conductivity was evaluated by laboratory hydraulic conductivity tests. The H-jointed SPSPs with H-H joints and seepage and clarification functions installed in the inner spaces of H-joints were demonstrated to be a feasible technology. Moreover, the water-shielding capability of H-joints was controlled by coordinating the thicknesses of the water-swelling sheets.

収録刊行物

  • 廃棄物資源循環学会論文誌 = Journal of the Japan Society of Material Cycles and Waste Management

    廃棄物資源循環学会論文誌 = Journal of the Japan Society of Material Cycles and Waste Management 23(1), 42-47, 2012-01-31

    廃棄物資源循環学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030120601
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12384878
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    18835856
  • NDL 記事登録ID
    023496592
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ