ベンゼンに汚染された難透水性土壌への高圧空気注入を併用した通水洗浄の適用性検討 Study on In-situ Soil Flushing with Pulse-sparging for Benzene-contaminated Semipermeable Layers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

難透水層に浸透した汚染物質に対する原位置浄化は,透水性・透気性が小さいことなどから従来困難とされていた。そこで筆者らは,ベンゼンに汚染された難透水層を対象として,通水洗浄と高圧空気間欠注入を組み合わせた浄化工法を提案し,浄化要素別に基礎的研究を行うことにより,浄化工法の難透水性土壌への適用性を調査した。室内試験の結果,高圧空気間欠注入は難透水層への空気注入が可能な方法であった。また,土壌から水へベンゼンを移行させることを目的とした本技術について,その除去評価を溶出試験により行った結果,土壌からのベンゼン溶出が促進され,試験開始後4週間後には溶出量は50.5倍まで増加し,通水による汚染物質の除去可能率が1.6%から80.8%まで上昇することが判明した。さらに,栄養塩の添加により微生物数は約680倍まで増加し,それに伴う汚染物質の分解が促進されることなど,浄化要素ごとの適用性を確認できた。そのため,提案した浄化工法は,難透水性土壌への適用性があると考えられる。

The object of this study has been to investigate the applicability of in-situ soil flushing for benzene-contaminated semipermeable layers. In the past, it was difficult to do in-situ remediation of semipermeable layers because of their low rates of water and air permeability. This study proposes, however, a new in-situ soil flushing method with pulse-sparging that has been developed for the remediation of wastes. Moreover, the results of laboratory verification showed that pulse-sparging increased the benzene-extraction ratio from 1.6% to 80.8% and that providing trophic salts increased soil microbes by 680 times.

収録刊行物

  • 廃棄物資源循環学会論文誌 = Journal of the Japan Society of Material Cycles and Waste Management

    廃棄物資源循環学会論文誌 = Journal of the Japan Society of Material Cycles and Waste Management 23(2), 67-76, 2012-03-31

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030120656
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12384878
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18835856
  • NDL 記事登録ID
    023550583
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ