映画と演劇の批評文における固有名の関係性と役割の計量分析 Quantitative analysis concerning the Relationships and Roles of Pronouns in Movie and Theater Critiques

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 村井 源 MURAI Hajime
    • 東京工業大学大学院社会理工学研究科 Department of Value and Decision Science, Tokyo Institute of Technology
    • 工藤 彰 KUDOU Akira
    • 東京工業大学大学院社会理工学研究科 Department of Value and Decision Science, Tokyo Institute of Technology

抄録

評判分析などが自然言語処理技術によって進められているが,対象は主にWeb上のテキストであり,人文学的な批評文はその主たる対象となっていない.本研究では人文的な批評文の具体的批評対象を計量化することで,批評行為のより深い意味分析に向けての基礎固めを行う.総合的芸術作品である映画と演劇の批評文を対象として,抽出対象を人名と作品名に絞り分析を行った.結果として頻度分析とネットワーク分析で批評における人物の重要性やグループの傾向,他分野との関わりの相違が明らかとなった.またスタッフのデータベースの利用により,語られる固有名詞の批評文中での意味と機能の傾向が抽出された.

Although reputation analyses have been developed utilizing NLP technology, such studies have focused on web texts. Critiques with the humanities have not been regarded as primary targets for such analyses. The purpose of this study is to establish a basis for the deep semantic analysis of critiques. Movie and theater critiques, which are complete pieces of artistic output, were targeted, and all names, both for individuals and works, were extracted for analysis. As a result, the influence of certain individuals, the trends of certain factions andrelationships to other genreswere revealed through frequency and network analyses. Moreover, the semantic and functional characteristics of pronouns within the critiques were extracted by using a database of personnel.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌

    情報知識学会誌 22(1), 23-43, 2012-03-26

    情報知識学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030120814
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09171436
  • NDL 記事登録ID
    023729062
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ