溶融池磁気制御アーク溶接法の適用拡大に関する研究 : 上向姿勢における裏波ビード形状制御 Expansion of Application Field for Electromagnetic Controlled Molten Pool Method : Control of penetration bead shape in overhead position welding

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、溶融池磁気制御アーク溶接法により、従来困難と言われている上向姿勢裏波溶接で、電磁力により溶融金属の流動と裏波ビード形状の制御と、改善を図る実験を行った。

Electromagnetic Controlled Molten Pool Welding Process was researched for the purpose of penetration bead shape control. The process was proved experimentally for improving the penetration bead in overhead position.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 14-15, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

  • <no title>

    真鍋

    高温学会誌 25(1), 1999

    被引用文献1件

各種コード

ページトップへ