ニューラルネットワークを用いたコンシストイヤ法テンパービード溶接熱影響部の靭性予測 Prediction of Toughness in HAZ produced by Consistent Layer Technique Temper Bead Welding using Neural Network

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

低合金鋼のテンパービード法溶接熱影響部における靭性の予測をニューラルネットワークという数理手法を用いて行う予測システムを提案する。多層溶接試験体からサンプルを採取し、シャルピー衝撃試験を行った結果から、本研究によって作成した予測システムにより算出した値と測定値は良い対応を示すことが明らかとなった。

Prediction system of toughness has been proposed for heat affected zone of temper bead welding using neural network. It is found that the predicted toughness calculated by this system is in a good agreement with the measured results.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 56-57, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

ページトップへ