汎用テンパービード溶接熱影響部の硬さ予測システムの構築 Prediction System for Hardness in HAZ Produced by General Tamper Bead Welding Techniques

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

低合金鋼製原子炉圧力容器の配管溶接部において補修及び予防保全のため、溶接後熱処理(PWHT)の代替手法としてテンパービード溶接が適用されている。しかしながらテンパービード溶接の効果の確認方法は十分に確立していない。本報告では、ハーフビード法など非コンシストレイヤー法テンパービード溶接を対象に、溶接熱履歴解析をもとに、ニューラルネットワークを用いた硬さ予測を行うとともに、その予測精度の実験的検証を実施し、汎用的なテンパービード溶接特性の予測システムを構築する。

Instead of PWHT, temper bead welding has been applied in repairing or maintenance operation of nuclear reactor pressure vessel fabricated with low-alloy steel. In the present study, the hardness prediction system of general temper bead welding techniques has been constructed using a neural network. Therefore, the hardness in HAZ during general temper bead welding techniques can be predicted.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 58-59, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

各種コード

ページトップへ