レーザブレージング用いたサイアロンと超硬合金の異材活性ろう付 Dissimilar brazing of sialon to WC-Co alloy using an activated laser brazing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

レーザブレージング法を用いて、サイアロンと超硬合金の異材ろう付を行った。ろう材には、Tiを活性材として添加したAg-Cu-Ti活性ろう材を用い、Tiの添加量が継手のせん断強度および界面組織におよぼす影響を調査した。その結果、せん断強度はTiの添加量が1.7mass%以下では、添加量に伴って向上した。

The laser brazing of sialon to WC-Co alloy was carried out using Ag-Cu-Ti braze metal. The effect of contents of Ti as an activator was investigated. The shear strength of the joint increased with increasing Ti contents in the braze metal up to 1.7mass%Ti.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 74-75, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

各種コード

ページトップへ