階層分析法を用いたアルミニウム合金のMIG溶接時における技能抽出の試行 Trial Study of Skill Extraction during MIG Welding of Aluminum alloy using Analytic Hierarchy Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 瀬渡 直樹 SETO Naoki
    • 独立行政法人 産業技術総合研究所 National Institute of Advanced Industrial Acience and Technology
    • 森 和男 MORI Kazuo
    • 独立行政法人 産業技術総合研究所 National Institute of Advanced Industrial Acience and Technology

抄録

アルミニウム合金は軽量で比強度が強いため車や飛行機等に広く適用されている。しかし、アルミの溶接で良く用いられるMIG溶接では、高度な溶接技量を持つ溶接士によって手動で溶接される例も多く、この場合の溶接の品質は溶接士の技能に依る所となる。そこで本研究では、階層分析法(AHP)を用いて熟練のアルミ溶接技師10名の技能の特徴や個々の差異等の「技能の抽出」を試みた。今回はその報告を行う。

Aluminum alloy is widely used on cars or airplane because this alloy is light and strong. However, welding of aluminum alloy is often performed by MIG welding by welding expert. In this case, welding quality is depended on expert's skill. In this study, the authors tried to extract 10 welding experts' skill for aluminum welding using Analytic hierarchy process. we will introduce the results of this trial.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 84-85, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

ページトップへ