低パルスエネルギーでのレーザピーニング施工条件が残留応力と疲労寿命に及ぼす影響 Effect of Laser Peening Condition under Low Pulse Energy on Residual Stress and Fatigue Lives

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

パルスエネルギーが小さい場合でのレーザピーニングの施工条件が生成される残留応力に及ぼす影響を調べるため、SM490とHT780の平板にパルス密度等のレーザ施工条件を変化させてピーニングを施し、電解研磨とX線回折法を繰返すことにより残留応力の板厚方向分布を比較した。さらに、疲労試験により疲労寿命を比較した。

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 124-125, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

ページトップへ