熱加工における座屈変形発生の理論予測 THEORETICAL PREDICTION OF BUCKLING IN THERMAL MANUFACTURING PROCESS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ほとんどの鋼構造物は溶接により製造されるが、薄板の構造物では溶接や歪取などの熱加工により座屈が発生する場合がある。座屈変形は製品の品質を損なうばかりではなく、生産工程の遅延の原因にもなるので、事前に予測し対策を講じる必要がある。そこで著者らは、座屈の発生を事前あるいは施工中に予測するための方法として、熱加工により生じる固有ひずみの考え方と座屈および振動固有値を用いる方法を開発したので報告する。

When the structures are thin, buckling may happen during welding and straightening processes. Since the buckling distortion reduces the quality of the products and cause delay in production schedule, it is desirable to prevent it based on theoretical prediction. The authors propose methods to predict buckling. These methods are developed based on the concept of inherent strain and eigenvalue analysis for buckling and vibration.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 138-139, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

ページトップへ