座屈型の溶接変形の原因となるTendon Forceに関する検討 STUDY ON TENDON FORCE FOR BUCKLING WELIDNG DISTORTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

溶接における縦収縮や座屈変形は主として溶接線方向に働くTendon Forceが原因で生じる。著者らは溶接で生じた座屈変形を計測するとともに熱弾塑性大変形FEM解析を行い座屈変形の生成機構について検討を行った。さらに、座屈変形の原因であるTendon Forceの同定法についても検討を行った。

In welding, the longitudinal shrinkage and the buckling distortion are produced by tendon force. In this study, experiment of buckling distortion is conducted and a T-E-P FEM analysis considering large deformation is employed to investigate the mechanism of the buckling behavior. Methods to estimate the tendon force is presented finally.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 140-141, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

  • Weld Shrinkage Prediction

    WHITE J. D.

    Welding and Metal Fabrication 11, 587-596, 1980

    被引用文献1件

  • <no title>

    UEDA Y.

    Computational Approach to Welding Deformation and Residual Stress, 2007

    被引用文献1件

各種コード

ページトップへ