溶接順序や拘束条件の最適化設計による溶接変形の低減 Optimization Computation of Welding Sequences and Constraint Conditions for Controlling Welding Deformation of Welded Structures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

溶接順序や拘束条件などは,溶接構造物の組立変形に大きな影響を与える.多数の溶接線が存在する場合,溶接順序と拘束位置をよく設計すれば,構造物の組立変形は小さくなり,製造コストが大幅に低減できる.本報告は,約20本溶接線の組立順序を,溶接変形ソフトウェアJWELDと最適化ソフウェアHEEDSを用いて最適化設計した.初期設計の溶接順序より溶接変形を大幅低減した.また,溶接による座屈変形を制御するため,拘束位置の設計を検討した.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 142-143, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

ページトップへ