レーザ・アークハイブリッド溶接シミュレーションモデルの一般性の検証 Verification of Generality of FEM-Model for Laser-Arc Hybrid Welding

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

熱弾塑性解析により,レーザ・アークハイブリッド溶接で生じる変形・残留応力の予測に際し,二種類の熱源を個別に取り扱う入熱モデルを提案した。本稿では,提案した入熱モデルの一般性を検証した結果を報告する。

For simulating welding distortion and residual stress generated by laser-arc hybrid welding by thermal elastic-plastic analysis, the FEM-model treating the dual heat source separately was proposed. In this paper, the validity of the proposed model was verified.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 152-153, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

ページトップへ