摩擦圧接により得た炭素鋼継手の接合界面に形成される局所結晶方位差 Local crystallographic misorientations in joint interface obtained by friction welding of carbon steel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

摩擦圧接により得た炭素鋼継手の界面の組織の詳細を調べた。EBSD解析の結果、接合界面近傍には、塑性変形を示唆する数度程度の粒内局所方位変動が存在した。粒内方位変動は接合条件により変化した。

This study clarified the microstructure in the carbon steel joints fabricated by friction welding. The large local crystallographic misorientation can be detected by EBSD and these are changed by the process parameter.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 184-185, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

各種コード

ページトップへ