主応力方向が変化する応力場における疲労き裂の進展挙動 Fatigue Crack Propagation Behavior on Stress Field with Variation of Principal Stress Direction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

主応力方向が変化する応力場での疲労き裂の進展挙動を明らかにすることを目的とし、疲労試験と疲労き裂進展解析を行った。そして、き裂の存在により、応力はき裂に沿って流れるため、き裂は主応力直角方向よりもさらにき裂直角方向に傾いて進展するという結果を得た。また、このような現象を破壊力学解析より捉え、疲労試験より得られた主応力が変化する応力場での進展経路をある程度再現できた。

In order to verify the fatigue crack propagation behavior on the stress field with variation of principal stress direction, fatigue tests and fatigue crack propagation analyses have been performed. The results indicate that the fatigue crack propagates in the direction which inclines to right-angled directions of the crack from right-angled direction of the principal stress and the fatigue crack propagation behavior could be reproduced.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 196-197, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

各種コード

ページトップへ