狭開先ホットワイヤ・レーザ法によるボイラ用耐熱鋼厚肉材の溶接技術の開発 Development of Narrow Gap Hot-Wire Laser Welding Process for Heat-Resistant Steel Pipe for Boiler

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ボイラ大径厚肉管の溶接能率の向上と継手信頼性向上の両立を目的として,狭開先ホットワイヤ・レーザ溶接法を開発中である。本報では,火SCMV28(Mod.9Cr-1Mo鋼)厚板を供試材とし,狭開先溶接における共通の課題である,開先壁面の融合不良抑制方法と梨型ビード割れのない条件範囲について検討した結果について述べる。

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 200-201, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

ページトップへ