粒子法のレーザ溶接への基礎検討(1) First Report of Fundamental Research for Laser Welding Using Particle Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

レーザ溶接は高品質で高速に接合ができるため、さまざまな分野で導入が進められている。しかし、レーザ溶接の制御は容易ではなく、最適な溶け込み形状を得て、溶接欠陥が出ないようにすることは難しい。このレーザ溶接における溶融部の挙動を力学的に分析するために、本研究では、粒子法を用いた新しいシミュレーション手法を確立することを目的とした。ここでは、金属固体の表面にレーザ照射され、金属が融解し、深い溶け込み形状ができるまでのプロセスを計算した。

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 224-225, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

  • <no title>

    KOSHIZUKA S.

    Nucl. Sci. Eng. 123, 421-434, 1996

    被引用文献132件

各種コード

ページトップへ