高張力鋼板のパルス通電抵抗スポット溶接技術の開発(第3報) : パルス通電によるナゲット性状と継手破断形態の関係 Development of resistance spot welding with pulsed current pattern for high strength steel sheets

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

980MPa級以上の高張力鋼板の継手強度を向上させる本通電後に短時間の冷却および通電を繰り返す通電パターン(パルス通電)の温度変化及び組織を評価した.その結果,再加熱による組織の変化が継手強度を向上させる一因となっていることを明らかにした.

We evaluated temperature change and weld structure of nugget after pulsed current pattern which repeats short pausing time and welding time after main welding cycles. We revealed that change of weld structure in nugget improves cross tensile strength of high strength steel sheets of above 980MPa grade.

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 240-241, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

ページトップへ