抵抗スポット溶接のリアルタイム品質判定法 Real time Quality Assessment in Resistance Spot Welding Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

抵抗スポット溶接時に電極間電圧を高サンプリングレートで測定し、デジタル信号処理・統計処理によりナゲット形成状況について検討した。本手法を用いたインプロセスモニタリングを、自動車用鋼板を想定した2枚重ね板組溶接に適用し、ナゲット形成状況検知に対する有用性を明らかにした。

収録刊行物

  • 溶接学会全国大会講演概要

    溶接学会全国大会講演概要 90, 250-251, 2012-03-15

    一般社団法人 溶接学会

各種コード

ページトップへ