飼育下アカカンガルーの父子判定 Paternal Analysis of Captive Red Kangaroos

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

よこはま動物園には,繁殖行動などにより父親推定が困難なアカカンガルーが7頭飼育されている。それらの父親候補は歴代の優位雄2頭のいずれかである。これら7頭の父親を明らかにするために,マイクロサテライトDNA多型に基づく父子鑑定を行った。その結果,7頭の父親を推定することができた。このことから,マイクロサテライトDNAを用いた父子鑑定は,繁殖行動などのデータが不足している場合には,飼育下カンガルーの父系推定法として有効であることが示唆された。

To determine the sire of captive red kangaroos (<I>Macropus rufus</I>), we conducted paternal analysis using 4 kinds of microsatellite DNA loci. We usually determine paternal lineage of captive animals on the basis of mating behavior or the strong dominant status of adult males. However, the sire of 7 offspring could not be determined as such behavior and status were not observed. Therefore, we used molecular DNA-based paternal analysis to determine their sires with positive likelihood. Our result indicates that molecular paternal analysis can be useful when a sire cannot be determined by the dominant status of adult males or observation of mating behavior.

収録刊行物

  • Japanese journal of zoo and wildlife medicine = 日本野生動物医学会誌

    Japanese journal of zoo and wildlife medicine = 日本野生動物医学会誌 17(1), 9-12, 2012-03-01

    Japanese Society of Zoo and Wildlife Medicine

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030123451
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11366156
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13426133
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ