染色余剰汚泥の配合割合を高めた屋上緑化材用セラミックス多孔体の開発 Development of porous ceramic panel for light and thin rooftop greening with using excess textile dyeing sludge

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

染色余剰汚泥30 重量% に鋳物スラグと粘土,及び少量の焼成珪藻土を配合し,厚さ13 mm ,幅500 mm ,長さ1,000 mm の平板を押出成形,最高温度980℃ で焼成し多孔体を試作した。このセラミックス多孔体は以下の物性値を示した。(1)厚さ:15 mm,(2)かさ比重:0.75,(3)飽和含水率:45 %,(4)曲げ強度:1.6(N/mm<SUP>2</SUP>),(5)熱伝導率:0.13(W/mK)。汚泥30 % 多孔体は,汚泥10 % の現行品と比較し,成形時は同一の厚みでも焼成後の厚みが40 mm から15 mm に減少したが,かさ比重,飽和含水率,熱伝導率は同程度であった。汚泥30 % 多孔体にセダム4 種を植栽し検証を実施し,汚泥10 % 現行品と比較し根付きに時間が掛かったが,活着後は基盤への根付きは良好であることを確認した。現行品より薄型,軽量で,新規用途の薄型緑化材用基盤として開発が期待される。

収録刊行物

  • 日本緑化工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology

    日本緑化工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 37(3), 433-436, 2012-02-29

    日本緑化工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030123681
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10130633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167439
  • NDL 記事登録ID
    023571961
  • NDL 請求記号
    Z18-1223
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ