養殖ワカサギ腸内細菌のN-アシルホモセリンラクトン生産能 N-Acyl homoserine lactone-producing abilities of intestinal bacteria from cultured Japanese smelt

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 陳 家輝 CHEN CHIA-HUI
    • 日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科 Department of Marine Science and Resources, Nihon University
    • 小川 真幸 OGAWA MASAYUKI
    • 日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科 Department of Marine Science and Resources, Nihon University
    • 糸井 史朗 ITOI SHIRO
    • 日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科 Department of Marine Science and Resources, Nihon University
    • 杉田 治男 SUGITA HARUO
    • 日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科 Department of Marine Science and Resources, Nihon University

抄録

養殖ワカサギの腸内容物,飼育水,配合飼料の細菌叢を調べるとともに,オートインデューサーである <i>N</i>-アシルホモセリンラクトン(AHL)の生産能を測定した。その結果,腸内容物からは 8 属 17 種が検出され,<i>Aeromonas</i> 属や <i>Lactococcus lactis</i> subsp. <i>lactis</i> が優占した。AHL 生産菌はいずれも <i>Aeromonas</i> 属であり,腸管内容物に 1.7×10<sup>5</sup>~2.0×10<sup>7</sup> CFU/g 存在することから,ワカサギにおける日和見感染に重要な役割を演じていることが示唆された。<br>

収録刊行物

  • 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries

    日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 78(2), 259-261, 2012-03-15

    日本水産學會

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030124086
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193422
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215392
  • NDL 記事登録ID
    023599759
  • NDL 請求記号
    Z18-345
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ