非結核性抗酸菌膿胸における気管支瘻に対し, ポリグリコール酸シートを用いた気管支充填術が有効であった1例 Bronchial embolization using polyglyconate sheet for intractable bronchopleural fistula caused by atypical mycobacteriosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

低肺機能や全身状態の悪い患者における肺瘻と気管支瘻に対しては侵襲的な外科処置が困難であることが多く,難治性になりえる.病悩期間が長期化することにより,さらに消耗して死亡する症例も見られる.今回我々は,非結核性抗酸菌症による難治性気管支瘻に対してポリグリコール酸シート(以下PGAシート)を用いた気管支塞栓術が有効であった1例を経験したため,文献的考察を加えて報告する.症例は82歳女性.発熱を主訴に当院内科を受診し,胸部CTで右上葉に空洞性病変を認めたため精査目的に入院となった.非結核性抗酸菌症と診断され,内服加療を開始したところ,右気胸を発症した.胸腔ドレーンを留置して加療したが,気漏が改善せず,難治性気管支瘻の診断となり当科紹介となった.PGAシートを用いた気管支鏡下気管支塞栓術を行い,気漏の改善を認めた.術後再発所見がなく経過している.

Bronchopleural fistula (BPF) can be difficult to treat.<BR>The patient was an 82-year-old female. She came to our hospital complaining of fever. Chest CT showed a cavity in the right upper lobe of the lung. She was diagnosed with atypical mycobacteriosis based on the detection of <I>Mycobacterium intracellulare.</I> Two days after the start of drug therapy, she had a pneumothorax caused by a bronchopleural fistula in the cavity. Air leakage continued after the insertion of a chest tube, so we performed endobronchial emoblization of the draining bronchus using a polyglyconate (PGA) sheet. The air leak disappeared just after the operation, and she is now in good health without any signs of recurrence.

収録刊行物

  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery

    日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 26(2), 137-142, 2012-03-15

    The Japanese Association for Chest Surgery

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030125539
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467885
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09190945
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ