胃癌肺転移の4切除例 Four cases of resected pulmonary metastases from gastric cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

胃癌の肺転移は癌性リンパ管症や癌性胸膜炎で発症することが多く,手術の適応となることは極めて稀で予後も不良であるが,一部で予後良好である報告も散見される.今回結節性陰影を呈した胃癌肺転移の4手術例を報告する.症例1は77歳男性.胃癌術後10年目に右S6に孤立結節影を認め,S6区域切除を施行.症例2は76歳男性.胃癌術後3年7ヵ月目に右下葉に結節影を認め,右下葉切除を施行.症例3は80歳男性.胃癌術後1年6ヵ月目に右上葉に3ヵ所の結節影が出現,その後10ヵ月で新たな転移巣を認めず,右上葉切除を施行.症例4は55歳男性.胃癌切除後6年10ヵ月目に左上葉に結節影を認め,左上葉切除を施行.症例1は術後4年8ヵ月,症例2は術後1年4ヵ月,症例3は術後2年2ヵ月で原病死した.症例4は術後1年3ヵ月目で再発を認めていない.胃癌肺転移手術症例の中には予後良好なものもあり,今後も検討を重ねて切除を考慮すべきである.

Pulmonary metastasis from gastric cancer is usually detected as carcinomatous lymphangiosis or pleuritis with a poor prognosis, and reports of its pulmonary metastasectomy are thus rare. We encountered four patients who underwent resection of metastatic lung tumors from gastric cancer. Each case showed a nodular lesion on chest radiograph and computed tomography. Three patients died of relapse at 16, 26, and 56 months after resection, respectively, while one patient remained alive without relapse at 15 months. Some groups have reported long-term survival after pulmonary resection of pulmonary metastasis from gastric cancer, and further studies are therefore warranted.

収録刊行物

  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery

    日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 26(2), 189-196, 2012-03-15

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030125663
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467885
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09190945
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ