高度肥満患者に対する胸腔鏡手術のアプローチ法 Wound retraction technique in video-assisted thoracoscopic surgery for a morbidly obese patient

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田村 和貴 TAMURA Kazuki
    • 国立病院機構小倉医療センター 外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Kokura Medical Center
    • 生田 安司 IKUTA Yasushi
    • 国立病院機構小倉医療センター 外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Kokura Medical Center

抄録

高度の肥満は胸腔鏡手術を困難にする要因の一つである.今回我々は高度肥満患者における胸腔鏡手術において,厚い皮下脂肪組織を開排するためにウーンドリトラクター(Applied Medical, USA)を使用した.患者の胸壁を薄くすることにより,胸腔鏡デバイスの操作性が向上した.

Morbid obesity is one of the technical pitfalls in video-assisted thoracoscopic surgery (VATS). We used a Wound Retractor (Applied Medical, USA) to keep away the thick subcutaneous adipose tissue in VATS for a morbidly obese patient. It was useful to thin out the chest wall of the patient, and made it straightforward to apply the VATS devices to the thoracic cavity.

収録刊行物

  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery

    日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 26(2), 230-232, 2012-03-15

    The Japanese Association for Chest Surgery

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030125780
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467885
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09190945
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ