咀嚼は胃の活動を一過性に抑制しその後増大させる Mastication evokes transient suppression and subsequent enhancement of gastric activity

この論文をさがす

著者

    • 高田 寛子 TAKADA Hiroko
    • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学分野 Department of Orthodontics, Kagoshima University Graduate School of Medical and Dental Sciences
    • 大牟禮 治人 OHMURE Haruhito
    • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学分野 Department of Orthodontics, Kagoshima University Graduate School of Medical and Dental Sciences
    • 宮脇 正人 MIYAWAKI Shouichi
    • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学分野 Department of Orthodontics, Kagoshima University Graduate School of Medical and Dental Sciences

収録刊行物

  • 日本顎口腔機能学会雑誌 = The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function

    日本顎口腔機能学会雑誌 = The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function 18(2), 206-207, 2012-02-28

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030126020
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1047134X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13409085
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ