登熟期における水稲葉身傾斜角度の量的形質遺伝子座(QTL)解析-コシヒカリ/タカナリの戻し交雑自殖(BC_1F_6)系統群を用いて Quantitative trait locus (QTL) analysis for inclination angle of leaf blades in the ripening stage using backcross inbred lines (BC_1F_6) derived from two rice cultivars, Koshihikari and Takanari

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本作物學會紀事

    日本作物學會紀事 79, 98-99, 2010-03-30

    日本作物学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030133656
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189888
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00111848
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ