愛知県における登熟期の高温による「コシヒカリ」の外観品質低下は基部未熟粒の発生が主因である Lowered Grain Quality of Rice cv. Koshihikari Due to High Temperature during the Ripening Stage is Caused Mainly by the Occurrence of Basal Immature Grain in Aichi Prefecture

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本作物學會紀事

    日本作物學會紀事 79, 168-169, 2010-03-30

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030133701
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189888
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00111848
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ