新潟県における近年の水稲品種の収量性に関する相加主効果相乗交互作用(AMMI)分析を用いた安定性評価 The evaluation of stability for yielding abilities of recent rice (Oryza sativa L.) cultivars using additive main effects and multiplicative interaction (AMMI) analysis in Niigata Prefecture, Japan

この論文をさがす

著者

    • 神戸 崇 KANBE Takashi
    • 新潟県農業総合研究所作物研究センター Niigata Agricultural Research Institute, Crop Research Center
    • 名畑 越夫 NABATA Koshio
    • 新潟県農業総合研究所作物研究センター Niigata Agricultural Research Institute, Crop Research Center
    • 奈良 悦子 NARA Etsuko
    • 新潟県農業総合研究所作物研究センター Niigata Agricultural Research Institute, Crop Research Center

収録刊行物

  • 日本作物學會紀事

    日本作物學會紀事 79, 218-219, 2010-03-30

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030133740
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189888
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00111848
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ