アイスプラント (Mesembryanthemum crystallinum L.) における活性酸素の発生制御からみたCAM型光合成の生理的意義 Crassulacean acid metabolism may alleviate production of reactive oxygen species in a facultative CAM plant, the common ice plant Mesembryanthemum crystallinum L.

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本作物學會紀事

    日本作物學會紀事 79, 388-389, 2010-09-03

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030134156
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189888
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00111848
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ