アンモニア態窒素と硝酸態窒素の混合施用がアルファルファ根系のフラクタル次元とラクナリティーに及ぼす影響 Effects of Mixing Use of Ammonium Nitrogen and Nitrate Nitrogen on Fractal Dimension and Lacunarity of Alfalfa Root Systems

この論文をさがす

著者

    • 巽 二郎 TATSUMI Jiro
    • 京都工芸繊維大学生物資源フィールド科学教育研究センター Center for Bioresource Field Science, Kyoto Institute of Technology

収録刊行物

  • 日本作物學會紀事

    日本作物學會紀事 81, 366-367, 2012-03-29

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030134448
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189888
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00111848
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ