1968年十勝沖地震によって降下火砕物層に発生した崩壊と風化との関連について The Relation between Weathering of Pyroclastic Fall Deposits and the Collapses Caused by The 1968 Tokachi-oki Earthquake

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 地震動を誘因として降下火砕物が分布する急傾斜地では, 崩壊が多数発生してきた. 本研究では, 地震によって発生する降下火砕物層の崩壊の地質的背景を明らかにするため, 1968年十勝沖地震により発生した崩壊を事例として, 青森県南東部に分布する降下火砕物の層序, 風化性状, 粘土鉱物, 物理・力学的性質, 透水性について崩壊の発生した地域と崩壊の発生しなかった地域で比較, 検討を行った. 本調査地域には十和田八戸テフラが分布し, このうち上部の黄褐色火山灰(ローム)と下部の軽石-火山灰互層の境界に位置する軽石混じり火山灰で崩壊のすべり面が形成されていた. 強熱減量試験, 10Åハロイサイト粘土鉱物含有率, 簡易貫入試験<i>N</i><sub>C</sub>値はこの軽石混じり火山灰から上位にかけて変化が大きくなっており, 崩壊の発生にこのような変化の大きさが寄与していたと考えられる. 一方で崩壊の発生しなかった地域での強熱減量試験, 10Åハロイサイト粘土鉱物の含有率, 簡易貫入試験<i>N</i><sub>C</sub>値はそれぞれ緩やかな変化を示していた. 崩壊の発生した地域での軽石混じり火山灰が低い透水係数を示したことから, ここで浸透水が妨げられ風化にギャップが生じたと考えられる.

 The collapses occurred in south eastern part of Aomori prefecture caused by The 1968 Tokachi-oki earthquake. This study mention the geological background of the collapses that investigated a stratum of pyroclastic fall deposits, physical property, clay minerals and coefficient of permeability. In south eastern part of Aomori prefecture, pyroclastic fall deposits of from Towada-Hachinohe tephra distributed. A sliding surface of the collapses had been formed at volcanic ash mixed with pumice that below yellowish volcanic ash in pyroclastic fall deposits. Loss of ignition, contents of 10Å halloysite clay minerals increase and <i>N</i><sub>C</sub> value by portable penetration test decrease from volcanic ash mixed with pumice. The change of these values contributed to the collapses. Because of volcanic ash mixed with pumice that had low coefficient of permeability distributed in the collapses area.

収録刊行物

  • 応用地質

    応用地質 52(6), 213-221, 2012-02-10

    一般社団法人 日本応用地質学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030134791
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00026635
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02867737
  • NDL 記事登録ID
    023530290
  • NDL 請求記号
    Z15-263
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ