2011年東北地方太平洋沖地震による降下火砕物の崩壊性地すべり Soilslide-avalanches of Pyroclastic Fall Deposits Induced by The 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 2011年東北地方太平洋沖地震によって, 震度6強の福島県白河市および震度6弱の栃木県那珂川町で降下火砕物の崩壊性地すべりが4か所で発生した. これらの地すべり発生の大きな要因は, 降下火砕物が斜面に平行な成層構造を持ち, また, すべり面が形成される軟弱な古土壌の層が内在し, それが斜面下部で浸食などによって切断されて下方からの支持力を失っていたことにある. これらの崩壊性地すべりの見かけの摩擦角は, 10°から16°であり, 土砂の高い運動性を示している. 斜面に生えていた樹木の多くは, 移動・堆積の後も根系に拘束された平板土壌に支えられて崩積土の上に立っており, 土砂の上に立った状態で移動したことがわかる. 上記のものと類似した崩壊性地すべりは, 従来数多くの地震によって発生しており, このことは降下火砕物の中には地震動に対して非常に不安定なものがあること, そして, 地震による斜面災害を軽減するためには, それらを特定していくことが必要であることを示している.

 The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake induced 4 soilslide-avalanches of pyroclastic fall deposits in Shirakawa city and Nakagawa town, where 6+ and 6− seismic intensities of JMA scale were recorded, respectively. The causal factors of these landslides were slope-parallel bedding of pyroclastics that include very weak paleosol, in which a sliding surface was made, and that beds that slid had been undercut to have lost the support from lower slope. These landslides were highly mobile, which is suggested by apparent friction angles ranging from 10° to 16°. Trees on slopes have been transported on debris in a standing position. Soilslide-avalanches like those described above have been induced by many other earthquakes, which suggests that some pyroclastic fall deposits are very susceptible to earthquake and that we have to identify them to mitigate earthquake induced landslide hazards.

収録刊行物

  • 応用地質

    応用地質 52(6), 222-230, 2012-02-10

    一般社団法人 日本応用地質学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030134816
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00026635
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02867737
  • NDL 記事登録ID
    023530326
  • NDL 請求記号
    Z15-263
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ