斜面安全監視のためのGPS自動変位計測システム GPS Automatic Displacement Monitoring System for Safety Management of Slopes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 斜面の安全監視において, 地表面変位を計測することは非常に重要であるが, 長期間にわたり高精度の地表面三次元変位計測を安定して実施することは容易ではない. そこで, GPS(Global Positioning System)の適用が考えられてきた.<br> GPSは1980年代から斜面の変位計測に適用されていたが, 精度, 使いやすさ, コストの面で課題があり一般的な計測手法として普及が遅れていた. そこで筆者らは, 安価で使いやすいGPS機器の開発や高精度化の研究を進めてきた. また, それらの成果を用い, さらに, 計測したデータを集約し一括して自動解析し, 計測結果をインターネットによってユーザーに配信するWebシステムを構築し, より実用的かつ総合的なGPS自動変位監視システムを開発した. 本稿では, 斜面安全監視のためのGPS自動変位計測システムの概要と地すべり計測への適用事例について述べる.

 Monitoring deformations is a key technology for assessing the stability, predicting the risk, managing the safe operation, and reducing the project cost. Although various types of instruments and systems have been developed to achieve successful monitoring, those can be applied to measure one or two dimensional displacements only in local area during short term.<br> In order to overcome such limitations, a new type of GPS displacement monitoring system has been developed by the authors. It can continuously monitor the three-dimensional displacements of the ground surface automatically with high accuracy for long term. Besides it provides monitoring results through the internet in real time, and users can see them at anytime and anywhere.<br> In this paper, the system is outlined and the practical application results are described.

収録刊行物

  • 応用地質

    応用地質 52(6), 256-264, 2012-02-10

    日本応用地質学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030134881
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00026635
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02867737
  • NDL 記事登録ID
    023530416
  • NDL 請求記号
    Z15-263
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ