分離分析試薬としてのカリックスアレーン Calixarene Derivatives for Separation Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大渡 啓介 OHTO Keisuke
    • 佐賀大学大学院工学系研究科循環物質化学専攻 Department of Chemistry and Applied Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Saga University

抄録

大環状配位子であるカリックスアレーン誘導体を基体とする溶媒抽出試薬を開発した.得られたデータを元に分離分析試薬への応用として,カリックスアレーン誘導体を含有する4種類のイオン交換樹脂,ならびに銀イオン選択性電極を開発した.カルボン酸誘導体を含むイオン交換樹脂については金属の吸着挙動をバッチ法とカラム法により検討した.カリックス[4]アレーン誘導体を含有する樹脂は鉛に対して高い選択性を示し,メチレン架橋したカリックス[4]アレーン樹脂は高い鉛充填容量を示した.また,鉛と亜鉛のクロマト分離で両者が効率的に分離された.カリックス[4]アレーンケトン誘導体や2-ピリジル誘導体を素子として作成した電極は銀イオンに対して高い選択性を示した.溶媒抽出試薬として優れた分離性能を示した化合物はイオン交換樹脂やイオン選択性電極に組み込んで利用した場合にも優れた分離性能を保つことが明らかとなった.

Macrocyclic ligands, calixarene derivatives have been preparaed as solvent extraction reagents. Based on the obtained data, four types of ion-exchange resins and an ion-selective electrode containing calix[4]arene derivatives have been prepared for applications to separation analysis. For resins containing calix[4]arene tetraacetic acid, the metal adsorption behavior was investigated by batchwise and column chromatographic methods. The resins containing calix[4]arene tetraacetic acid exhibited high lead selectivity. Methylene-crosslinked resin exhibited high lead capacity. Column chromatographic separation of lead and zinc ions by using the present resins was successfully achieved. An ion-selective electrode containing calix[4]arene tetraketone and tetra(2-pyridine) derivatives exhibited high silver selectivity. Calix[4]arene derivatives with high separation efficiency as solvent extraction reagents also exhibited a high efficiency when used as ion-exchange resins and ion-selective electrodes.

収録刊行物

  • 分析化学 = Japan analyst

    分析化学 = Japan analyst 61(3), 157-167, 2012-03-05

    公益社団法人 日本分析化学会

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030135183
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00222633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05251931
  • NDL 記事登録ID
    023598303
  • NDL 請求記号
    Z17-9
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ