ペプチドマイクロアレイによる細胞内プロテインキナーゼの網羅的解析 Kinome Analysis Using Microarray of Peptide Substrates

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プロテインキナーゼ(PK)は細胞内シグナル伝達の中心的な役割を担っており,がんを含む種々の疾病においてその異常活性化が見られるため,創薬の大きなターゲットである.したがって,細胞内PKの網羅的な解析は,創薬研究及び投薬前診断法として重要であり,キノミクスと呼ばれる.そのための手法としてペプチドマイクロアレイが注目されている.著者らはこれまでにペプチドマイクロアレイの問題点を克服するための手法を提案しており,蛍光法及び表面プラズモン共鳴(SPR)法を用いて定量的に細胞内PKの活性を評価することに成功した.また,同ペプチドマイクロアレイを用いて標的PKの高反応性の基質スクリーニングに成功した.

Protein kinases (PKs) play crucial roles in intracellular signal transduction and they are one of the representative targets of drug development because their hyper-activation is related to many diseases including cancer. Kinomics is a technique to evaluate the activities of whole cellular PKs and will be important for drug development and diagnosis for personalized medicine. Peptide microarray is one of the representative methods to evaluate kinomics. We have proposed several techniques to improve the detection of peptide microarrays and have achieved quantitative evaluation of cellular PKs based on both fluorescence and SPR detection. We have also succeeded in screening of highly reactive substrate peptides of target PKs by using our microarrays.

収録刊行物

  • 分析化学 = Japan analyst

    分析化学 = Japan analyst 61(3), 185-191, 2012-03-05

    公益社団法人 日本分析化学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

  • <no title>

    杉山直幸

    実験医学 27, 2552, 2009

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHIGAKI S.

    Anal. Sci. 23, 271, 2007

    被引用文献1件

  • <no title>

    HAN X.

    Method. Mol. Biol. 669, 183, 2010

    被引用文献1件

  • <no title>

    MORI T.

    J. Appl. Phys. 105, 102020, 2009

    被引用文献1件

  • <no title>

    MARTIN K.

    Proteomics 3, 1244, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    TUYNMAN J. B.

    Cancer Res. 68, 1213, 2008

    被引用文献1件

  • <no title>

    VAN BAAL J. W. P. M.

    Cancer Res. 66, 11605, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    JINNIN M.

    Nature Med. 14, 1236, 2008

    被引用文献1件

  • <no title>

    MAAT W.

    British J. Cancer 101, 312, 2009

    被引用文献1件

  • <no title>

    OLAUSSEN K. A.

    Oncogene 28, 4249, 2009

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHIMOMURA T.

    Anal. Sci. 27, 13, 2011

    被引用文献1件

  • <no title>

    HAN X.

    Anal. Biochme. 372, 106, 2008

    被引用文献1件

  • <no title>

    HAN X.

    J. Biomol. Screening 14, 256, 2009

    被引用文献1件

  • <no title>

    HAN X.

    Comb. Chem. High Throughput Screening 13, 777, 2010

    被引用文献1件

  • <no title>

    KYO M.

    Anal. Chem. 77, 7115, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    KYO M.

    Genes Cell 9, 153, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    INAMORI K.

    Anal. Chem. 77, 3979, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    INAMORI K.

    Anal. Chem. 80, 643, 2008

    被引用文献1件

  • <no title>

    MORI T.

    Anal. Biochme. 375, 223, 2008

    被引用文献1件

  • Diversity and novelty in the kinase complement of the human genome

    MANNING G

    Science, 2002

    DOI 被引用文献13件

  • <no title>

    KINOSHITA E.

    Dalton Trans. 8, 1189, 2004

    DOI 被引用文献4件

  • <no title>

    BROCKMAN J. M.

    J. Am Chem. Soc. 121, 8044, 1999

    被引用文献7件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030135270
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00222633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05251931
  • NDL 記事登録ID
    023598330
  • NDL 請求記号
    Z17-9
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ