安息香酸置換基を有するpH刺激応答性ポリマーによる希土類元素の分離・回収特性 Separation and Recovery Properties of Rare Earth Elements Using a pH-sensitive Polymer Having Benzoic Acid Substituent Group

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,pH刺激応答性ポリマーの1つとして,pH 6.5付近で相変化を示す性質を持つPoly{4-[2-(vinyloxy)-ethoxy]-benzoic acid} : Poly(VEBA)sを用いて,各種金属イオンに対する分離挙動を検討した.その結果,いくつかの特異的な金属捕集特性が確認された.その中で特に希土類元素(レアアース)について特徴的な結果が得られ,pH変化とろ過操作を用いて,レアアースを分離・回収できるシステムを開発した.回収率は検討した16種類のレアアースについてすべて90~100% であった.また,水酸化ナトリウム水溶液を用いてPoly(VEBA)sを再溶解させることで,フィルター上で回収したPoly(VEBA)sと金属の分離が可能であった.Poly(VEBA)sを再び回収することでPoly(VEBA)sのリサイクルも可能である.本システムは,有機溶媒を使用しない全水系システムであるため環境や生体に対する安全性も高いと言える.

The separation of metal ions was examined using a poly{4-[2-(vinyloxy)-ethoxyl]-benzoic acid} [Poly(VEBA)s] as a pH-sensitive polymer. It showed phase separation at around pH 6.5. As a result, several specific characteristics of scavenging metals were confirmed. Among them, a specific result for rare earth elements was obtained. A separation and recovery system of rare earth elements was developed by using pH change and filtration. The recovery for 16 kinds of rare earth elements was approximately 100%. It was possible to separate the metal from Poly(VEBA)s by remelting Poly(VEBA)s with sodium hydroxide solution. Poly(VEBA)s could be recycled by recovery of polymer. This system has high safety to the environment and organism because of an all-water system without-using any organic solvent.

収録刊行物

  • 分析化学 = Japan analyst

    分析化学 = Japan analyst 61(3), 235-242, 2012-03-05

    公益社団法人 日本分析化学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030135396
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00222633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05251931
  • NDL 記事登録ID
    023598429
  • NDL 請求記号
    Z17-9
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ