夏季の関東内陸部におけるオゾン濃度の上昇に対する混合層発達の影響 Influence of development of mixing layer for ozone concentration in inland Kanto area in summertime

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年、日本国内においてオゾンの高濃度化、出現頻度の増加が社会問題となっている。夏季の関東地方内陸部における高濃度オゾンの発生要因としては都心部からの広域海風による輸送が主な要因であると考えられるが、過去の研究から海風の到達以前の高濃度オゾンの発生も報告されており、2009年夏季の観測データからも同様の現象が確認された。この問題を理解するため、混合層の発達による上空のオゾンの取り込みのみを考慮したボックスモデルを用いて解析を行った。その結果、正午における濃度はかなりの過小評価となり、濃度の増加傾向も観測値と異なるものであった。この原因としては化学反応によるオゾンの生成、消滅の影響が考えられる。また、赤城山におけるドップラーライダ観測とオゾン濃度の測定から、夜間山頂付近のオゾン濃度がほぼ一定でかつ風速が大きいという現象が観測された。これらより関東地方北部の上空が濃度のほぼ等しいオゾンによって覆われており、その気塊が常に内陸へ輸送され続けることでオゾン濃度がほぼ変化しない状態が実現していると推察された。

In recent years, the increasing photochemical oxidant concentration in Japan has been discussed as one of the social issues. In the Kanto area in the summer, the effect of transboundary air pollution is not very high, therefore, a domestic pollutant source could effect this issue. Based on previous studies, a high concentration of inland ozone results from the transportation of ozone from the south, the Tokyo Bay area and the Pacific Ocean driven by sea breezes. However some studies have shown that a high concentration of ozone was observed in the northern Kanto area, before the ozone from south arrives. To understand this ozone elevation in the northern Kanto area, we consider the contribution of the upper-layer ozone to the ground-level ozone by a box model with no chemical reactions. The difference between the simulated results and observed results at 12:00 is 30-60ppb. This difference would be caused by chemical reactions. From the doppler lidar observations and observations of the ozone concentration at Mt. Akagi, the ozone concentration was almost constant and about a 4 to 5 m/s horizontal wind blew on the night of July 27<SUP>th</SUP> and August 4<SUP>th</SUP> at a 1300m height. These results would mean that the northern Kanto area was covered by a constant concentration ozone and transported by the wind.

収録刊行物

  • 大気環境学会誌 = Journal of Japan Society for Atmospheric Environment

    大気環境学会誌 = Journal of Japan Society for Atmospheric Environment 47(2), 81-86, 2012-03-10

    Japan Society for Atmospheric Environment

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030136149
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512108
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13414178
  • NDL 記事登録ID
    023584710
  • NDL 請求記号
    Z16-490
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ