2015年に向けた3次元実装技術 3D Integration Packaging Technology toward 2015

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

3D集積パッケージは半導体とパッケージ用サブストレートのギャップを埋める技術のキイトピックスのひとつである。3つの主要なアプローチがあり,半導体産業,パッケージング産業およびプリント配線板産業で,材料メーカ,設備メーカ,大学および研究機関を含めた研究開発活動が行われてきた。最も微細な配線とビアピッチを提供できるのはシリコン貫通穴(TSV: Through Silicon Via)を用いたシリコンインターポーザである。しかし,製造コストはウェハサイズとビア形成プロセスおよび金属被覆プロセスにより限界があり,非常に高額のままである。ガラスインターポーザは2番目の解決策であり,25 μm径の貫通ガラスビア(TGV: Through Glass Via)を200 μm厚さ以下のガラス材料に形成できる。経済的なTGV製造プロセスはコンソーシアムで研究開発されており,2年から3年先には大量生産が開始される見込みである。ガラスインターポーザのモチベーションは,既存のLCDパネル製造工程や,大量生産に適したリールツーリールプロセスにより,シリコンインターポーザより安価なコストで製造できることである。最後の解決策は,プリント配線板メーカにより提供される能動部品や受動部品を有機樹脂サブストレートに内蔵するもので,この技術はすでにヨーロッパ,日本,韓国および台湾で量産が開始されている。

収録刊行物

  • エレクトロニクス実装学会誌 = Journal of Japan Institute of Electronics Packaging

    エレクトロニクス実装学会誌 = Journal of Japan Institute of Electronics Packaging 15(2), 126-131, 2012-03-01

    The Japan Institute of Electronics Packaging

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030136263
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11231565
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13439677
  • NDL 記事登録ID
    023580842
  • NDL 請求記号
    Z74-B258
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ