デザイン教育における製品分析学習法の改良 : 協調学習と分析項目リストを取り入れた学習法 Improvement of a Learning Method for Product Analysis in Design Education : Learning Method Utilizing Collaborative Learning and a List of Analysis Items

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,これまでのデザイン教育における製品分析の協調的学習法[注5](以後従来法と称す)で残された課題を改良し,新たな方法を確立するものである。これまででは,初学者でも多視点からの製品分析を可能にし,その分析の質も高めた。なおかつ,製品分析によって,その製品の意図を理解したうえでの製品改良の方向性も明確にするという効果があった。半面,学習者が分析項目リストにしばられて,自らのアイディアを出す機会を失していたり,事前の学習法に関する説明不足による学習者の曖昧な理解が,グループ学習の障害となっていた。そこで,改良策として,学習者個々に思考の時間を与えてから分析項目リストを参照させ,学習する前に学習方法の説明をすることで学習者の理解を深めた。このように改良した学習法(以後改良法と称す)による模擬授業の実践評価を行った。結果,改良法は従来法よりも製品の分析視点が増え,その分析の質が高まり,製品分析による既存の問題点の発見や,アイディアを出すために役立つ効果のある学習法であることが検証された。

We improved the conventional method of learning product analysis in the design education adopting collaborative learning and the list of analysis items, which had the following problems: learners felt frustrated by less chance to represent their ideas due to the list of analysis items, and they needed additional explanation on how to use the method. Therefore, we revised this method so that learners expressed their ideas freely before using the list of analysis items, and that the learning method was clarified through additional explanations before collaborative learning. Practice evaluation by a trial lesson revealed that, compared to the conventional method learners had a better perspective of the analysis and that the quality of the product analysis improved. The improved method was more effective in identifying problems and presenting ideas through product analysis.

収録刊行物

  • デザイン学研究

    デザイン学研究 58(6), 1-10, 2012-03-31

    Japanese Society for the Science of Design

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030136666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00150292
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09108173
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ